九里歩いて不図思う

けやきワールドにて活動する聖魔、九里不図による、メイプルストーリーの世界を今よりちょっとだけ楽しく、そして何かを考えながら生きるためのアドバイス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無敵時間、クァンタム不発時間(解答例)

以前の記事
科学を学ぶ際に大事なこと(出題)
の続編。

出題に対する私なりの解答例を示してみます。



出題内容は意外と多くの方に興味を持っていただけたようで、ありがたいことにたくさんのコメントをいただきました。
また、ブログをやっていて初めてトラックバックなるものもいただいてしまいました。
私のブログはしょっちゅうトラックバックを受けるようなものではないので、いつまでもトップページに残ってしまうようなサイドバー表示はしていないのですが、しっかりといただきましたよ!
私も本気で回答しないと、考えてくださった方々に申し訳ないですよね。

無駄に長く、内容としてはほんのちょっと複雑に見えるかもしれませんが、ちょっと読んでみてください。
参考項目もあるので、興味があれば深く調べてみるのもいいと思います。


魔法講座

続きを読む »

スポンサーサイト

科学を学ぶ際に大事なこと(出題)

1.
メイプルストーリーの世界では、ダメージを受けた時、
次のダメージを受けるまでに一定の”無敵時間”が存在する。
この”無敵時間”は何秒か?
測定する方法を考えなさい。

2.
敵の攻撃によりノックバックされたキャラは、一瞬だけ足が地面についていない状態になるが、
その状態でクァンタムエクスプロージョンを使おうとすると、発動することなくチャージが解除されてしまう。
この”ノックバックによるクァンタムエクスプロージョンが発動できない時間”は何秒か?
測定する方法を考えなさい。

ただし、どちらの答えも正確である必要はなく、0.01秒程度の精度であれば許容するものとする。




ノックバックパンダ

私の聖魔の狩り動画なんかを見ている人ならば、これが狩りを考える上でいかに重要かということことがよくわかりますよね。




続きを読む »

打倒武公に向けた思考回路


聖魔ソロでもビシャスを5分半で撃破できることはわかった。
道場の仕様はどんなものかというも知っている。
武公の行動パターンについても理解した。

ここで、皆さんも感じているであろう最大の疑問について触れておきましょう。

結局、武公パンダをソロで撃破することができたのかどうか?


これが一連の道場記事シリーズの最終命題です。


Ver1.64以前、必殺ゲージが与ダメで溜まる仕様となっていた頃には、暴風やラピッドファイアにより、弓や銃で武公をソロ撃破することができたというのはご存知かと思います。

参考として弓でソロ撃破された方のブログ、動画をご紹介しておきましょう。
  →外部リンク
  メイポるストーリー ~ネ○ソンの罠~  さん
  弓ソロ パンダ撃破攻略・動画ヾ(´∀`*)ノァハハ

Ver1.65~1.74、必殺ゲージが被ダメで溜まる仕様となり、武公をソロで撃破することはほぼ不可能となりました。
しかし、それでも聖魔はヒールによりHPを自在に回復できるという特性のおかげで、先日の記事のようにビシャスを倒すことは可能だったわけで。


もしかしたら、この調子で武公まで倒せてしまっちゃうんじゃない?


幸い武公はスキルカットを使わず、ガード込みであれば被ダメは3.9k以下と、MGなしでも何とか耐えられるレベル(?)
・・・少なくとも私は耐えられる。
つまりビシャスと同じようにMGなしで攻撃を耐え続けて必殺ゲージをためることができれば、竹やりによって一気にダメージを与えることができる。



方針としては2種類

竹やり×3発+残りの10%を自力で削る。
竹やり×4発で倒す。

前者の場合、10%を削ると言っても聖魔にとっては非常に厳しい。相当の火力を必要とする。
一方後者、竹やり4発分ものゲージを溜めるにはかなりの時間を食われる。
しかし、うまく調節すればビシャス戦から必殺ゲージを1本持ち越すことも可能。
つまり、必殺ゲージを3本分溜めることができれば武公を撃破するのも夢ではない!ってこと。





では具体的に武公の行動に対する対策を考えてみる。

波動拳
吹き飛ばしとスタンが厄介なので、行動を見切って接触被ダメをもらうのが一番。
準備時間が長いので、接触被ダメを2発もらうことも可能。
スタン後のヒールは下手すれば誘惑やアンデッドに間に合わないことも。
ジャンプかテレポで避けることもできる。

地響き攻撃
そのまま食らって問題ないと思う。
避ける時にはジャンプかテレポで退避だが、ジャンプする時には虚弱に注意。

HPMP1
MPがなくなるとヒールができないので、何がなんでも避けたい。
落下地点を見切って避けるのも良いが、接触の無敵時間で回避するのが一番だと思う。

反射
10%を自力で削る方針であれば、反射を使ってくるようになっても積極的に攻撃しなければ厳しそう。
物理反射と魔法反射は交互なので、なるべく見切りたい。
竹やり4発の方針であれば、こちらからは一切攻撃せずに必殺ゲージを溜めることに専念した方が良い。

ポン召還
回復アイテムはHPMP1を食らってしまった保険として重要になりそうか。
ドロップ後3分で消えてしまうので、一気に倒してしまうのではなく、時間差で倒した方が良いかも?
被ダメがほぼゼロなので、無敵時間による回避としても使えそうだが、HPが減らないと逆に必殺ゲージは溜まりにくくなるかも。
3/4ほどのダメージを与えないと使ってこないが、ビシャスから必殺ゲージを持ち越し、開幕竹やりを使えればすぐに召還させることもできる。

アンデッド
ヒールができなくなるのは非常に厳しいが、アンデッド中の攻撃をすべて避けることができれば問題ない。
アンデッド自体は見切って避けることは難しいが、モーションをしっかり見ておき、状態異常を受けた直後のヒール暴発にさえ気をつければなんとかなる。

誘惑
最大の難関。
というか、誘惑さえなければビシャスと同じように倒すことも難しくなかったと思う。
しゃがみ固定なので接触の危険はないものの、誘惑を受けてしまえば、動けない時間(ヒール不能)中にほぼ確実に攻撃を2度受ける。

もちろん2発の攻撃に耐えることのできるHPを確保するのは現実的に不可能。
それでは誘惑を受けてしまえばもう終わり、なるべく回避するように振る舞えば良いといってもそう簡単にはいかない。
モーションや音などから誘惑を見切って避けるのもほぼ不可能。
頼みの綱のヒーローインテンションは再使用待機時間があり、最短でも6分に一度。その間も誘惑は何回も飛んでくる。

痛い誘惑



ではポイントを整理してみよう。

・与えられた時間は10分以下。
・必殺ゲージを3発溜めることができれば倒せる?
・薬は使用制限がある。
・誘惑を避けることはほぼ不可能。
・誘惑中には攻撃を2発受ける可能性が高い。
・2発耐えるだけのHPを確保するのは非現実的。
・インテンションは最短でも6分に1度のみ。


さぁ、頭を使う時だ、
どう戦えばよいか?
あるいは、武公を倒すことなど最初から無理だったのか?



この問いに対する答えの思いついた方は、コメントで回答してみてください。
ヒントはこのブログのいろんなところに散らばっている。

解答編は後日、乞うご期待!

Top|Next »

HOME

九里

Author:九里
名前:九里不図
ワールド:けやき
職業:ビショップ
Lv:170
ギルド:HANABI

すべての記事一覧

この人とブロともになる

FC2Blog Ranking

バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。