九里歩いて不図思う

けやきワールドにて活動する聖魔、九里不図による、メイプルストーリーの世界を今よりちょっとだけ楽しく、そして何かを考えながら生きるためのアドバイス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビューティフルクァンタマー(オマケ編)

オマケ編 もしもタメ時間が1秒になったなら

この記事を書いている時点で、すでにご存じの方も多いと思いますが、韓国のメイプルストーリーテストサーバーでクァンタムのタメ時間が1秒に短縮されているそうです。
→参考:憂いし悠久水素

まだ正確なことはよくわからないのですが、もしこれが日本でもすぐに実装されるようなことになった場合、どうなるのかちょっと考えてみます。

まず、今まで考察してきたことの半分くらいは、この修正によりずいぶん意味が変わってくるものと思われます;
これはまぁ悲しいことですが、実装前にこんなことを考えていた人もいたんだなぁと思っておいてください。
逆にタメ時間など関係ない内容も多いですので・・・

現状でタメ時間が体感で約2.2秒。それが1秒になるということは大体半分です。
インファイターのスキル、パンチのタメ時間と同じ位になるのだと思います。(体感で1.1秒くらいかな?)
これってどのくらい強くなるんでしょう!?(2倍強くなる!というわけでもありませんよ)
1章で示した魔法攻撃力効率グラフがどう変化するのか?
クァン時間-攻撃力効率(1秒タメ)
(各スキルレベル点線が2秒タメ時のものです)

なるほど、連発することを考えると他のスキルと張り合うくらいの強さにはなるようです。
特にSレイの出番はこれでますます少なくなくなりそうです。

しかし、1章でも紹介したように、これはタメ時間中何もせずぼーっとつっ立っていた時の攻撃効率。
もちろんタメ時間をフルで有効活用できた場合、2.2秒タメだろうが1秒タメだろうが変わりません。
それはそうですよね、最大攻撃力は一緒なんですから。

しかしそもそも、タメ時間が1秒だったところで、その1秒で何ができるでしょう?
下ジャンプくらいならちょうどでしょうか?
はしごを上るのであれば平均して3秒くらいはかかります。
単純な横移動だと、テレポ2回分にもなりません。
いろいろ考えると、タメ時間を有効活用しようとした場合、2秒くらいは普通にたまってしまうんです。
むしろ「無理にタメようとして行動が制限されるくらいなら、攻撃する直前にタメ始めればいいや」と思うんじゃないでしょうか?

つまりこれ、どういうことかというとね。
「今までタメ時間を有効活用するのが面倒だったでしょ?これからはあんまり何も考えずに連発してね」
ということなんです。
はっきり言って、クァンタムは「タメ時間によって威力の変わる攻撃スキル」ではなく、
「たまにスカの出る範囲攻撃スキル」になってしまう
んじゃないでしょうか?

和タメ

敵群の中でも連発する聖魔にとっては確かに使い勝手は良くなると思います。
特に1発耐久の場合でも敵中でフルにタメられるようになるのはうれしいことなのかもしれません。
でもね・・・インテリ技巧派スキルから、単なる火力スキルになってしまう気がするんです;
それってジェネシスと同じじゃないですか;;

・・・今回の考察を無駄にしたくないという意味もこもっているのかもしれませんけどね、
私はなんだか今の2.2秒タメの方が、バランスが良くてカッコイイ気がするのです。
もし魔法使い3職すべてでクァンタムの使い勝手が一番になったりしたら、そこに職ごとの違いはほとんどなくなってしまいます。
個性をつぶしてまで強くしてくれなくてもいいのに・・・

・・・と思ったりするのです。
強くされて文句を言ったりするなんて、私だけですか?



あとがき

全10回(とちょっと)にわたる聖魔にとってのクァンタムエクスプロージョン考察、いかがでしたでしょうか?
言いたいことはほとんど全部言っちゃいました。


どんなモンスターにでもジェネシス一本。
赤字だって、吸わせバイトでなんのその。
経験値効率最強ジェネシスト!



そんな風潮に一石を投じるにふさわしい記事にできたかなと自負しております。
一連の記事を見て、
「クァンタムで狩るのもありかな」と思ってくれればそれで本望。
「やっぱりジェネシスの方がいい」というのも大いに結構。
「ビショップってジェネシスだけじゃないんだね」とと感じてくれればそれに越したことはありませんが、
ただ読んで、理解しようとしてくれる、それだけでもいいんです。


お風呂でミカン


しかし・・・少し張り切りすぎたような気もしています。私もちょっと疲れました@@;
読者の皆さんはきちんと付いてこられているでしょうか?
全体を通してでも、何かご質問があれば何でも聞いて下さい。できるかぎり答えるようにしますので。



一連の長い記事を読んでいただき、本当にありがとうございました。
それではまたw


↓ブログランキングに参加しております、いい湯だな。
  maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索
スポンサーサイト

ビューティフルクァンタマー?(クァンタムを用いた狩り動画)

10章 クァンタムを用いた狩り動画

・私の狩り動画
過去に撮影・公開した動画とともに、今回新たに新作を加えて、私の狩り動画を4本まとめてご紹介します。
考察記事をふまえた上で過去の動画を見ると、また違ったところが見えてくるかもしれません。
私自身もあまり考えて狩りしてるわけではないので・・・改善の余地はまだまだたくさんあります。
ただ、狩りをしている間はこの上なく楽しいですね。

?バーンケンタウロスの領域(9/11公開)

初めて撮った狩り動画にして初めて撮ったクァンタム狩り。
この頃は無理にでもなるべくクァンタムを使うようにしていました。うーん、実に未熟・・・
もう少し使い分けられるようになった方が良いですね。
バーンケンタウロスは遠距離攻撃をしてくるため、地上にいるとうまく集まってくれません。
はしごで集まるまで待つとともにタメ・・・というスタイルはかなり有用です。

?トウキョウお台場(12/17公開)

聖属性耐性を持っている敵にこそ有効な無属性スキル。
さらに持ち前の上下の攻撃範囲で戦車の攻撃の届かないところから当てることができます。
クァンタムを最大限に有効活用できる狩場といっても過言ではありません。
被ダメには耐えられますが、アンデッドがあるためMGをかけています。それでも隙をみてヒール!

?険しい谷(12/25公開)

クァンタム狩りというか、低級ザコを相手にいろんなスキルを駆使した狩り。
3発くらい耐久できるので、タメ時間の自由度はかなりあります。
スピード感あふれる、これぞクァンタム狩りもとい4次職狩りの楽しみ。

?龍の森1(新作)

敵群の中でタメても痛くないのは聖魔クァンタマーの特権。
無駄にぴょんぴょんしているのはご愛嬌w
ヒールのタイミングを一瞬でも間違えると簡単に死ねますが、そのスリルがたまらないんだ。
2次職からずっと・・・薬なしで戦えるのが聖魔の何よりの強み!
青亀、赤亀は足が遅く、なかなか集まってくれません。
敵が残っていても適時足場を移動し、別の敵群を攻撃している間に集まってもらったりするのも効果的だと思います。
1発1発のダメージが他職に敵わないのは仕方ないとして、なるべく多くの敵を巻き込むことで殲滅力をアップさせましょう。
2発耐久できず苦手なリザードマンは、タメなしクァンタムとバハムートで集めた後、安地クァンタムかジェネシスで一掃!
禁呪は禁止ではありません。余ったMPとインフィニティ中でのみ使用します。





・他の方の狩り動画
私の動画ばかりだとどうしても使い方にクセが出てしまいます。
いろんな可能性を考えてみるためにも、他の方がクァンタムを使っている動画を紹介させていただきます。
みなさん私よりもずっと狩りテクニックが上手く、そしてお強いです。
潜在的なクァンタム使いはもっといると思いますが、うまく使いこなしている方の動画は本当にホレボレしてしまいます。
私も彼らのように強く、美しく戦っている様子を動画に収めたいものです。

?スミモさん
私のブログにも何度かコメントをいただいてくれてます、オハゼ漁師さん。ブログで拝見しただけですが、尊敬できる聖魔のお一人です。

クァンタムを有効活用できると言われているオハゼ。
巣の解体時間をタメ時間に充てれば、一気に6匹確殺も比較的簡単です。
ブログではさらに最近のオハゼ漁の動画が公開されており、そのテクニックに磨きがかかっているようです。

?エルゴの王さん
数多くの氷雷魔の憧れの的。狩り動画も多数アップされており、非常に魅力的でテクニカルな狩りをされています。

今回はその中でも、比較的クァンタムを多く使っている動画を紹介させていただきます。
氷雷アークメイジはチェインライトニングの性能が良すぎるため、クァンタムをうまく使える場面が限られているようで・・・
それでもタメ時間を有効活用できたときの攻撃力はやはり高く、使える場面では積極的に使った方が効率はいいようです。

?発狂注意報さん
けやきの火毒クァンタム使い。火毒アンテナを見ていると、過疎職火毒魔の底力を感じます。

これを見ればもうクァンタムは弱いなんて言わせない、驚愕のサメ確殺狩り動画!
ちなみに聖魔の場合は、アンプがないのでここまで強くはなりえません。
サメ確殺なんてのは夢のまた夢です。
・・・けやきにはおもしろい魔法使いがたくさんいるような気がします。





やはり世に出回っているのは、アークメイジの狩り動画の方が圧倒的に多いですね。
あと、個人的にはボス戦の動画よりもザコ狩りの動画の方が好きなんですが・・・ボス戦の方が多いです。つまんないなぁ。
聖魔が骨でジェネシスなしの狩りをしている動画がぜひ見たかったのですが、私が探した限りでは見つかりませんでした。
MGなしで狩れれば、1発耐久とはいえ聖弱点ヒールアタック有効なのでそれなりに形にはなると思うのですが・・・
私にはまだ無理なので、誰かやってくれませんか?

・・・いや、他力本願じゃいけないな、私が自分でやらないといけないのか・・・


HPに振り続けるとして・・・あと10レベルも上がれば可能でしょうかね?

10レベルかー;;遠いな


↓ブログランキングに参加しております、クァンタム考察記事はこれで一通り終わりだぞ!
  maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

遠くて険しいクァンタマへの道(乱入)

ある日のできごと

ズラッシャー

クァン30購入

応援コメント

夜市場・・・



そして








どうやら神は私にレベルを上げろと言っているらしい・・・

あのジャミロクさんですら長年求め続け、成しえなかったもの。
わかった、すべてのクァンタマービショップの希望となろうではないか。




























モメガでも!?
2009年2月21日、クァンタムエクスプロージョン30成功


モメガは聖耐性!


マスターレベル30

今はただ、私に関わってくれたすべての方々に感謝します・・・

ビューティフルクァンタマー?(実戦テクニックとクァンタム狩り)

第9章 実戦テクニックとクァンタム狩り

クァンタムをどのように実戦投入するのかを考えてみます。

○まずはクァンタムで使えそうなテクニック・・・というか、考え方から。

・ガマン
ガマン

クァンタムのタメ時間中はヒールも回復薬も使うことができないので、被ダメを受けるとすぐにタメを解除して回復したくなります。
そこをグッとこらえるのが、その名の通り「ガマン」
1発耐久の場合は実質ガマンできる時間はほとんどありませんが、2発耐久の場合には自由度は高いです。
特にテクニックというほどのものでもありませんが、HPを気軽に回復できる聖魔ならではの考え方。
クァンタムのタメを有効活用するためには理解しておきましょう。
活用方としては以下の3点

?一杯までタメる
?なるべく多く巻き込む
?スカしない

?1章で見たように、クァンタムの攻撃力効率はちょうどフルまでタメて発動した時に最大となります。
攻撃範囲も広がりますし、中途半端な状態で発動してしまうよりは、一杯までタメた方がダメージ効率は良いのです。
?タメ時間が長いほど攻撃範囲が広くなるという意味では?と同じですが、すでに最大までタメた状態でも、せっかくなのでなるべく大勢に攻撃を当てたいですよね。
敵の群れに突っ込んでいく時など、最初の敵に接触してすぐに発動してしまうと、群れの端の方しか巻き込むことはできません。
ここは無敵時間を利用して敵の群れのど真ん中までつき進み、1体でも多くの敵を巻き込めるようにガマンしましょう。
?被ダメを受けた直後はKBし、一瞬だけ地面に足が付いていない状態になります。
この状態でタメを解除してしまうと、クァンタムは発動せず、スカになるので注意しましょう。
クァンタムを使い始めた頃は被ダメを受けると慌ててタメを解除し、スカってしまうことがよくあります。
一瞬待てる余裕を持ちましょう。
ちなみに、「被ダメ直前に発動する」よりも「被ダメ後、KB後に発動する」と考えた方がスカが出にくいでしょう。
いつダメージが来るのかはなかなか予測できませんのでね。

慣れてくると逆にガマンしすぎて墓を落としてしまうことも多々ありますが、KB直後に発動し、すぐにヒールすれば無敵時間中にギリギリ回復できるはずです。
タイミングをしっかりと見極め、2.2秒も時間をかけてタメたクァンタムを、最高のパフォーマンスで発動してあげましょう。


・はしごタメ
はしごタメ中

無駄な時間を有効活用するのが大切だと言いますが、では、狩り中で無駄な時間とは一体いつでしょう?
単純な左右の移動ではテレポを使うことができるので、完全に無駄な時間とは言い難いです。
狩りの最中で無駄な時間の代表例は、はしごを上る時間でしょう。
補助スキルのかけ直し時間として有効活用できることもありますが、クァンタムのタメ時間として有効活用するのにもってこいの時間です。
はしごは安地であることも多いので、安全な状態でタメることができるというメリットでしょう。
タゲをとった上でタメながらはしごにつかまり、敵を集める、といった使い方もできます。
はしご移動の多い狩場ではクァンタムを積極的に活用すると、効率が劇的に変化する・・・かもしれません。


・タメ待ち
タメ待ち


その他の無駄時間とはいつでしょうか?
例えば周囲の敵を殲滅した後、次の沸きまでの時間。
例えばオハゼキャノンが破壊して、オハゼが散らばるまでの時間。
例えばビシャスが防御状態に入っている時間。
いろんな待ち時間を見つけ出し、タメ時間として有効活用してみましょう。


・タメなし発動
クァンタム2


クァンタムをタメなしで発動すると、「Sレイよりも素早い範囲攻撃」となります。
硬直中テレポとの相性も良く、ヒールアタックの効かない相手には効果的です。
攻撃力にはあまり期待はできず、たまにスカり、横方向の攻撃範囲も狭いのですが、雑魚乱獲、集めのためのタゲ取りなど、活用できる場面は多いですね。
またSレイよりも上下方向の攻撃範囲が広いので、空中、水中の浮遊モンスターには攻撃を当てやすいと思います。


・タメキャンセル
タメキャンセル

以前に一度説明したので、今回は省略・・・






○次に、実際狩りの中にクァンタムを織り交ぜるとすれば、どのような狩り方になるのか、見てみましょう。

ジェネ狩りとクァンタム狩りの違いって、実は単純な一つの前提が違うだけなんです。

それは・・・MP回復薬を使うか否か・・・
MP回復薬をいくらでも使っても良い・・・という制約条件の下、経験値効率を追求したのがジェネ狩り。
MP回復薬をまったく使わない・・・という制約条件の下、経験値効率を追求すると、必然的にMGを使わないクァンタム狩りになるんです。

ジェネ狩りではほとんどジェネシスしか使わなかったりしますが、クァンタム狩りといっても、クァンタムばかりを使うわけではありません。
常時バハムート、回復にはヒール、単体にはAレイ、使いやすいSレイ、時にはMクロー、そしてジェネシス。
だって、状況によって使い分けることが効率アップにつながるんですから。
1次職から4次職までのあらゆるスキルを使いこなしてこその4次職です。(もちろん、捨てスキルもありますが・・・)

そして、それは使うテクニックにも言える事です。
1次職で使っていたジャンプショット、
2次職で使いこなせるようになった硬直中テレポ、ジャンプヒール、
3次職で意識するようになった回復のタイミング、KBコントロール、召還の誘導、
そして4次職でさらにテクニックを深化させるクァンタム、ジェネシス
あらゆるスキル、あらゆるテクニックを駆使する・・・これはもはや”クァンタム”狩りとは呼べません。
クァンタム狩り

自分の持てるすべてを出し尽くして行う、”ビショップの狩り”
「MP回復薬を使わない」という縛りだけでできるのです。
やってみませんか?




↓ブログランキングに参加しております、順調に微妙な位置をさまよい中!

  maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

ビューティフルクァンタマー?(4次スキル振りによせて)

第8章 4次スキル振りによせて
クァンタム・・・いつ振るべき?

こう考えている人もいるかもしれません。
「結局いつかはクァンタム上げることになるんだから、上げた時に使い始めればいいや。
とりあえずは今はレベル上げに必要なスキルを持っておこう」と・・・

確かにそうかもしれません。
レベル170くらいになってしまえば、主要スキルも揃ってきます。
ホーリーシールド?インフィニティ?マナリフレッション?
・・・クァンタムでも上げとくかぁ
ということになるかと思います。

そこにはもう、ジェネシスト、クァンタマー、リザレクシャンなんて概念はありません。
何でもできちゃいますからね。
しかし逆に言えば・・・
レベル170くらいまで行ってしまえば、もはやだれもがジェネシストです。
それくらいのレベルになれば、おそらくほとんどの人は(たとえジェネシスのスキルレベルが1でも)骨をジェネシス2発でほぼ確殺できるでしょう。
そうなれば、もうジェネ狩りでしかまともに経験値を得ることができなくなります。
あとはボス戦でしょうか。どちらにせよクァンタムを使っての効率的な狩りなんて、考えられなくなります。

そして高レベルになりレベルが上がりにくくなると、中途半端なスキルレベルのクァンタムを使う機会が多くなってしまいます。
スキルレベル一つ上げるのでさえ膨大な時間が必要になるのですから。
そのとき・・・使えねぇな・・・と思うのでしょう。

無属性攻撃なんだから。AレイやSレイと比べても、骨相手じゃクァンタムは使いにくくて当然なのです。
でも、ほとんどのビショップの方は聖属性弱点の敵しか狩らない・・・

使えない→使わない→使い方がわからない→使えない→・・・


クァンタムがネタスキルの域を脱しない負のサイクル
クァンスパイラル








ジェネシスはスキルレベル1でも使える。
リザレクションも1でも使える。
でも、クァンタムはスキルレベル1じゃ使えない。





これがすべてです。
ジェネシスは1でもそこそこ使えるからおいておいて、クァンタムを使えるスキルまで伸ばすのか、
クァンタムを完全に切り捨てて、使えるスキルジェネシスをさらに使えるスキルにするのか。
そこがクァンタマーとジェネシストとの違いなのかもしれません。


4次職の場合、レベルを上げるとSPがどんどん余ってくるので、スキル振りが画一化されてしまいます。
火力スキルがすべてMAX、補助スキルもみんな大体一緒・・・みたいな状態で個性を出すなんていうのは到底無理なわけです。
私が思うに、4次職のスキル振りで重要なのは「何を上げるか」ではなく「何を上げないか!」
私の場合はクァンタムを上げているというところに意味があるのではなく、ジェネシスが1だというところに意味がある。


高レベルになって初めてクァンタムを使い始めても、クァンタムの使い勝手、魅力を十分に堪能することはできません。
他のスキルと比べるとどうしても見劣りしてしまうのです。
ビショップ前半の頃に使い、低レベルの他スキルと比較することによって初めて、クァンタムの良さ、悪さ、魅力を楽しむことができるのだと思います。
クァンタムを狩りの中に取り入れて楽しむことを考えるなら、ぜひ主要スキルが揃ってしまう前に上げてしまうことをオススメします。

シールドで遊ぼう



しかしこの章のタイトルを見て、手取り足取りスキル振りを教えてくれると思った方、残念でした。
私は、具体的なスキル振り、スキルを上げる順番については紹介しません。

4次職のスキル振りに定石など存在しません。
個人的な事情に大きく左右されますしね。
Aレイが取れるかどうか、マスタリが入手可能か否か、いち早くジェネシスを上げて骨を2発確殺にできる魔力をもっているかどうか、
ジャクム、ホンテでリザを使う機会が多いか否か、BGに行って大親分を吸うためにマナリフを上げるかどうか、
どのレベルをスキル完成の目安として持ってくるか・・・そしてどうやって個性を表現するか。
可能性は無限にあるので、いちいち場合分けしたところで意味がないのです。


各スキルの性能、使ってみた感想なんかは、当ブログでもいろいろと紹介しています。
あとは
使いながら、何が自分に必要かを考えろ!
・・・以上です・・・

ビショップスキルは?



大丈夫、失敗なんて気にしなくて良い。
ジェネシスが1さえある限り、ビショップはレベル上げに困ることはないのですから。
他職と比べてもレベルアップスピードは早い方です。
「自由に上げたいスキルを上げることができる」
これはビショップの大きな強みです。


何より・・・4次職にもなり、急いでレベル上げすることによって何がしたいのか?よく考えてみてください。
私は永遠とも言える4次職の成長を、ゆっくりじっくり、楽しんでますよw






残るは9章と10章。
9章でクァンタム狩りで実際にどう戦うのか、実践的なテクニックをご紹介。
最後の10章ではクァンタムを取り入れた狩りを動画でご紹介します。



↓ブログランキングに参加しております、おもしろいと思ったらクリックするのじゃー

  maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

Top|Next »

HOME

九里

Author:九里
名前:九里不図
ワールド:けやき
職業:ビショップ
Lv:170
ギルド:HANABI

すべての記事一覧

この人とブロともになる

FC2Blog Ranking

バナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。