FC2ブログ

九里歩いて不図思う

けやきワールドにて活動する聖魔、九里不図による、メイプルストーリーの世界を今よりちょっとだけ楽しく、そして何かを考えながら生きるためのアドバイス。

ジャンプショット

今回は、前回紹介した硬直中テレポよりも、やや難易度の高いテクニックとなる、ジャンプショットについてご紹介します。
テクニックの難易度というのは重要で、効果的に使えるものでも、それが確実に使えるものでなければ、多少のリスクを負うことになります。

簡単なテクニックこそ重要、難しいテクニックは使いこなせなければ単なるネタ

硬直中テレポは確実にできるようになりましょう。
このジャンプショットは参考程度に考えておき、徐々に慣れていくのが良いと思います。
確実にマスターできればそれに越したことはありませんけどね。
ちなみに私はほとんど使ってません。
ジャンプショット


弓使いにとっては必須テクニックとも言われているもので、名前も弓使いさんを尊重して「ショット」のままにしようと思います。
やり方は言葉で説明すると簡単で、ジャンプキーとスキルキーを同時押しするだけ。
しかしこの同時押しというタイミングがなかなか難しく、狙って使っていくにはそれなりの練習が必要だと思います。
ジョイパッドの設定等で一つのボタンに二つのキーを割り当てたりすれば、比較的簡単に使うこともできますけどね。
ジャンプしながらスキルを発動することができるのですが、スキルの効果範囲は、あくまでジャンプ直前の地上位置でのものです。
自分の、被ダメの当たり判定のみジャンプ状態になります。

ということで、このテクニックの効果としては、
?ジャンプで敵の攻撃を避けながら攻撃できる
?方向キーと組み合わせることによって、硬直中でも移動しながら攻撃できる。
の二点ということになります。

同時押しという性質上、クァンタムでは使えません。



鉛直ジャンプショット
鉛直ジャンプショット

その場でジャンプすることにより、?の効果を活用するテクニック。
ロムバードやイェティ、ケンタウロスなどが使ってくる地震攻撃は、地面に足が付いていないとダメージを食らわないという性質があります。
このテクニックを用いれば、スキル硬直中にもジャンプで攻撃を避けられます。
また、敵の攻撃範囲外までジャンプできるジャンプ力があれば、骨のビームなんかも避けられるとは思います。
ボディーガードAとの戦いでも、ジャンプショットを連発することで、気絶攻撃を避けられる可能性があります。
(ただし、連射性能は落ちる・・・)
狙って攻撃を避けるのはそれなりの練習が必要ですし、被ダメの痛くない聖魔にとっては実用性もそんなにありません。


前方ジャンプショット
前方ジャンプショット

主に?の効果を活用するテクニックで、うまく使えば、敵の攻撃を避けながら距離を詰めるといったこともできます。
攻撃中に移動する手段を持たない弓使いにとっては、重要なテクニックだと言われています。
しかし硬直中テレポの使える魔法使いにとっては、ジャンプショットを利用するよりも硬直中テレポを使う方が実用性、難易度的にも優れています。
ですが、テレポの使えない1次職、忍耐空間、硬直中テレポの使えないジェネシスではかなり効果的となるので、習得しておいて損はありません。
またその他のスキルを使う場合も、後述するジャンプショット+テレポのためには、このテクニックの使い方をマスターしておく必要があるでしょう。

バックジャンプショット
バックジャンプショット

敵とは反対方向に歩き、振り返ると同時にジャンプショットをすることによって、前方にジャンプしながら後ろ向きにスキルを発動することができます。
これは歩いた方向への慣性を利用したもので、雪道などすべる場所でやるとやりやすく、感覚がつかみやすいかもしれません。
逆にアイゼンなど、滑らない靴を装備している場合には、このテクニックはほとんど不可能だと言えるでしょう。

しかしこのテクニック、はっきり言って実用性に堪える難易度ではありません。
狙って行うのが難しいくせに、聖魔にとっては効果的に使える場面がほとんどないのです。
敵の攻撃をかわしながら距離を取り、攻撃する・・・といった使い方になると思いますが、それならば硬直中テレポでヒット&アウェイした方がずっと使いやすいです。
Sレイやジェネシスでは自分の向きは関係ありませんしね。
使えるようになる必要はありません。
こんなテクニックもあるのだなという程度の認識で十分だと思います。

弓使いの方々はこのテクニックが使えた方が良いようで・・・テクニシャンが多いのですね。


下方ジャンプショット
下方ジャンプショット

最近のパッチ(081203)でいろんな場所できるようになった下方ジャンプ。
下キーを押しながらジャンプキーを押すことによって段差の下に下りることができます。
これとジャンプショットを組み合わせたテクニックなのですが・・・

要求されるのはスキルキーと↓キーとジャンプキーの同時押し。
下キーを押しながらだとしゃがみ攻撃になってしまうので、一つでもタイミングがずれれば不発に終わります。
下方向近くに足場がある場合には硬直中下テレポで十分ですが、下の足場がかなり離れている場合、あるいはジェネシス発動の場合にはそれなりに使えます。
しかし、やはりネックとなるのはその難易度・・・
確実に出せるプレイヤースキルもしくはジョイパッドの設定があれば使っていけば良いと思いますが、失敗した時の時間ロスが大きくなりがちで、無理して習得するようなものでもありません。
ジェネ狩りばかりやっている時には、気分転換に練習してみるのも良いかもしれません。
ジェネシスの打ち逃げができるので、魅せスキルとしてもなかなかのものだと思いますよ。

ジャンプショット+テレポ
ジャンプショットテレポ

Sレイのような硬直の長いスキルの場合、硬直中テレポやジャンプショットだけでもわずかに無駄な硬直時間が生じます。
ジャンプショットの着地直後にテレポすることにより、硬直時間をいっぱいまで活用し、非常に高い機動力を確保しつつ無駄のない動きをすることができます。
特に一撃確殺の雑魚を乱獲する時のスピードアップには、このテクニックはなかなか効果的です。
流れるような動きで魅せ技としても十分。
前方ジャンプショットさえできれば、そんなに難しくもありません。
ただ硬直中テレポの方がやはり自由度が高いため、無理に習得する必要もないかと思います。

« モンスターカード収集記18|Top|聖魔から見た・・・弩 »

コメント

私は弓からメイポに入ったんで、無意識のうちにジャンプ+マジッククローとか使ってましたね。
テクニシャンでスイマセ~ン・3・
ただ、ジャンプ+ジェネは思いつきもしませんでしたが~┳┳(’e’)<アソンデミヨット

私は火魔からはいったので。ファイヤーアロー+ジャンプ
でよくつかってましたね。

>リーチェさん
弓使いの方々は本当にテクニシャンだと思いますよ。
私も今更ながらジャンプショットの練習をしているのですが、実践でなかなか思うように使えません。

>蒼色の空さん
私も実は火魔から入りましたよ・・・当時はジャンプショットができるなんて全く知りませんでしたが。
火魔は硬直中テレポもそうですが、機動力が命ですよね。
火魔から入ることによって硬直中テレポ、ジャンプショットテクニックは自然に身に付くのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://9rift.blog82.fc2.com/tb.php/191-ea76350d

Top

HOME

九里

Author:九里
名前:九里不図
ワールド:けやき
職業:ビショップ
Lv:170
ギルド:HANABI

すべての記事一覧

この人とブロともになる

FC2Blog Ranking

バナー