FC2ブログ

九里歩いて不図思う

けやきワールドにて活動する聖魔、九里不図による、メイプルストーリーの世界を今よりちょっとだけ楽しく、そして何かを考えながら生きるためのアドバイス。

3月の報告と今後の予定

3月は特に何があったというわけでもありません、強いて言うならば、レベルが5つ上がったということくらい。
骨からの攻撃に耐えられるようになるまでは、もう少しですね。がんばりましょう。

記事数は9で、そのほとんどが日記的記事。
これからはこれくらいのノリで続けられればなぁなんて思っています。

レベルアップ151



メイプル総回診でRSSリンクが貼られてから、更新した日にアクセスが集中するようになっちゃいました。
おかげさまで、多い日には200人以上の訪問者の方々に見ていただいているようで。

パッチ内容がどうとかいうのは、ちょっと時期を逃しましたし、今回は何も言いません。
経済関連で何やら世間が騒いでいるようですが、どうせ私には関係のないこと・・・
攻撃力の1つや2つ、痛くもかゆくもない魔法使いは、こういう時こそ冷静でいたいものです。

なんかの魔方陣




○今しかできないこと
過去の自分の動画を振り返ってみたんですけどね。
今のうちに動画をたくさん撮っておこうと思います。

今のうちにっていうのは、もちろんクァンタムのタメ時間が2.2秒の今のうちに。(いずれ1秒に・・・なると言われています)
1発耐久の狩場でまともに戦うためには、やはりタメ時間の減少によるダメージ効率の上昇が非常に重要だとは思います。
下手な火力強化パッチなんかよりも、よっぽど殲滅力は上がるはず・・・


しかし過去の動画を見ても、自分で使ってみても、やはり今のタメ時間の方が狩りそのものを魅力的に演出できます。
こう言っちゃなんですがね、敵の群れの中でクァンタムをタメながら静かにたたずむ姿は、我ながらものすごくカッコイイ!
タメながら歩くもどかしさと、テレポで駆け抜ける疾走感は静と動のコントラスト。
ダメージを受けながら頭上で溜まるゲージは怒りのボルテージ。
はしごを上りながらタメることによって膨らむ高ダメージへの期待、無駄時間をきれいに消費できているという満足感。
発動直後にテレポで敵をすり抜ける姿は、刀を鞘に収めて一気に振りぬく抜刀術の如く。
こういった魅力全部が、タメ時間と一緒に減少してしまうような気がするんです。

斬りのディレイ減少をマイナスに考えている人がどれくらい多いのかわかりませんが、どんどん狩りが作業化されていく気が・・・しませんか?


タメ時間1秒で強敵相手にまともに戦えるようになるよりは、
今のタメ時間でザコ相手に苦戦する方がよっぽど楽しめる。


(もっと強くするべきスキル、強くする方法は他にあるでしょう?
クァンタムを強くしたいのならば、それよりもマスタリ30を何とかしろと言いたい・・・)

はじめての五目


いずれスキル修正が来た時のために、歴史の記録として残しておきましょう。


エルゴの王さんの動画ほど多くの狩場で多彩な戦い方ができるとは思いませんが、主に2発耐久以上の狩場でいろいろと試してみたいと思います。
クォリティよりもとりあえず数を優先・・・って感じでしょうか?
音楽はちょっとネタ切れ感もあるので、原音のままになると思います。
いつかはクァンタマー、聖魔の魅力を詰め込んで紹介する動画なんかも作ってみたいと思いますが、それはまだもうちょっと編集技術なんかが上がってからですかね。
どんな動画を撮ってほしいか、リクエストしてくだされば、もしかしたら何か考えるやもしれません。


もりもりの森




○4月は出会いと別れの季節
4月というのは現実世界で大きく生活が変化する人も多い時期です。
これをいい機会にとメイプルをやめるような人もいるかと思いますし、やめざるを得ないような状況になる人も多いでしょう。
反面、新たな生活でメイプルを始めようというような人は・・・あまりいないんじゃないでしょうか?
・・・ということで、これから先もおそらくプレイ人口は多かれ少なかれ減少していくのだろうなと、思います。

まぁ、オンラインゲームでは永遠などありえないのですから。

いつかは誰かがやめていくのでしょうし、ゲーム自体がいつ終わってしまうともわかりません。
そんな時にゲームでしか連絡を取れず、それっきりになっていまう仲間というのはちょっと寂しいものです。
後にはなーんにも残らないっていうのは、なんだか悲しい。
思い出を共有した仲間とのつながりが、その後もずっと続いていくようなことになれば素敵なのかもしれません。
幸いブログなんてのは、今時世界中どこからでも簡単にアクセスできます。
まったく見かけなくなってしまったような人も、ひょっこりブログにあらわれて、生存報告なんかをしてくれると本当にうれしいのです。

別に特に誰に何を言いたいわけでもありませんよ。


白ずきん祭り

« モンスターカード収集記22|Top|クァンタムのタメ時間が1秒になれば1発耐久でもそれなりにいけるんじゃね?と思いつつも理不尽に悩まされる聖魔の憂鬱@後悔の道 »

コメント

諸事情により全然INしてませんが生存してまっせ!

なんだか最近の記事は「クァンタム溜め減少が作業化云々」みたいなものばかりなので一言・・・w

残念ながら私 クァンタムの溜め減少、斬りのディレイ減少 が作業化に繋がる理由が思いつきません。
逆に言えば「溜め」「ディレイ」が無くなった分自由に動けていいと思うんですがね。

作業だ!と思って狩るから作業になってしまうだけ。
自分が狩りを作業にしなければそれで済む話ですよw
みんなが「作業だ!」って言っているものを、作業にせず狩ってみせたらどれだけ格好いいか!

私が昔撮ったジェネ狩りだってそうです。
みんなにジェネ狩りを見直して欲しかったから撮ったんですよw

みんなが作業とばかり言っているジェネ狩り。
ほんとに作業だと思いますか?
3秒近くの発動時間のあるジェネシスも見方を変えれば熱いんですよ。

なんたって被ダメ無しで狩ろうと思えば、
「3秒先の敵の動き」を予測して狩らないと行けないんですから。
これはどんな狩りより 難しくて楽しくて熱い と思うんですがねぇ・・・w

九里sはあまりジェネ狩りをあまり良い眼で見ていないようですが
(↑誤解があればすみません。ただブログを見ている限りではそう思えたので;)
一度見直してみるのも良いかも知れませんねw

なんか話が逸れまくってすみません。
要するに 作業狩りをするから作業狩りになるんだ って言いたかっただけです。(日本語になっていませんが読み取って下さい(汗)

長文駄文失礼しました。

>ろふさん
よかった、元気そうで・・・きっとゲームなどやり過ぎないほうが元気になれます。

>みずきさん
クァンタムのタメ時間減少を記事内で否定的に書いたのは2度目でしょうか。
前回の記事ではむしろ肯定的に書いたつもりでしたが・・・?

ジェネ狩りを悪く見ているなんてことはありません、良い面と悪い面があるだけで。
より効率的、より赤字を軽減しつつ戦うには色々と考える必要があるでしょうし、そこに面白みを見出すことももちろんできます。
(私も最近本格的にジェネ狩りしているんですが、赤字との戦いはやりがいがありますね)
ただ、あまりにも世の中にクァンタム捨て派が多いように感じているのでね、ちょっとムキになっているだけです。
まぁ、ジェネ狩りはみんなやっているものですし、みずきさんをはじめ、みなさんテクニックに関する研究は独自にされているでしょう。
あえて私が紹介するようなこともないかなとは思っています。

まだ確実なことは言えませんが、火力の絶対量を無視した自由度で言うならば、タメ時間は長い方が絶対にあると思います。
今でも1秒タメで発動することはできるのですから。
その違いは単に1秒~2秒の間に攻撃力変化があるか否か。
ですので、狩り中にいろいろ考える余地も今の方があると思うのですが?

みずきさんの言いたいこともすごくよくわかります。
「作業化」という言葉には少し語弊があったかもしれません。

ここで一番重要視しているのは、使っていて気持ちいいかどうか、それと見た目です。
これには個人差があるでしょうし、実際使ってみないことには何とも言えない部分もあります。

しかし、確かに私は最近タメ時間がどうこういうことに振り回されすぎているような気もします。
結局「タメ時間の減少サイコー!」とか言ってる自分も想像できます。
だから・・・歴史の一部としてね、残しておきたいのです。
まぁ、まだいつ来るとも決まっていないことなんだから、この話題についてはちょっと距離を置いておきましょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://9rift.blog82.fc2.com/tb.php/233-24efe7eb

Top

HOME

九里

Author:九里
名前:九里不図
ワールド:けやき
職業:ビショップ
Lv:170
ギルド:HANABI

すべての記事一覧

この人とブロともになる

FC2Blog Ranking

バナー